善玉菌と悪玉菌のこと

善玉菌と悪玉菌のバランスが大事


腸内環境を改善するということは、善玉菌と悪玉菌のバランスを良くするということ。つまり善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすということです。


悪玉菌はカラダにとって常に有害というわけではなく、一部の悪玉菌は必要なはたらきを持っていることも知られていますが、増えすぎるとカラダに悪い作用をもたらします。


そのため腸内細菌のバランスとしては、善玉菌を多めにして、悪玉菌を少なめにすることが望ましいのです。


ここでは善玉菌の種類とその効果、そして善玉菌を増やすための方法を詳しく説明します。


腸内細菌の種類


腸内細菌の種類は大きくわけて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の 3つがあります。


善玉菌にはビフィズス菌と乳酸菌があり、これらの菌が消化や吸収を助けたり、免疫機能を機能させたりしてくれます。悪玉菌にはウェルシュ菌などがあり、未消化のタンパク質を腐敗させて腸内環境を悪化させます。


日和見菌は、腸内で優勢なほうに味方する菌です。悪玉菌が増えて強くなれば、悪玉菌と同じような働きをすることがわかっています。


これらの腸内細菌は合計で100種類以上、100兆個以上が腸内にすんでいるとされています。善玉菌と悪玉菌は一定のバランスを保ちながら勢力あらそいをしており、生活習慣の乱れや大きなストレス、便秘などによって悪玉菌が増えたときに腸内環境が悪化します。


腸内環境を整えるには、腸内細菌のバランスを意識することが大切なのです。


ビフィズス菌と乳酸菌のはたらき


善玉菌には「ビフィズス菌」と「乳酸菌」がありますが、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌のほうがよく耳にする菌なのではないかと思います。


じつは、善玉菌の 99.9%以上はビフィズス菌です。乳酸菌は 0.1%〜0.0001%程度で、影響力はビフィズス菌のほうが非常に大きいと考えられています。


もちろん人によって腸内環境は違うので、乳酸菌群のほうが多くなっている人もいるかもしれません。ただ基本的に、人の腸内ではビフィズス菌が優位、動物の腸内では乳酸菌が優位だとされています。


これらの善玉菌の働きはおもに 3つあります。


ひとつは有機酸をつくって悪玉菌を減らし、腸内環境を良くすることです。ビフィズス菌は糖を分解して酢酸と乳酸を、乳酸菌も糖を分解して乳酸をつくります。これらの作用で、酸に弱い悪玉菌が減ることになります。


また免疫力を高めることも、善玉菌の重要な働きです。腸にはカラダ全体の 50%以上の免疫細胞が集まっています。学者によっては約70%と言う人もいますが、とにかくもっとも大きな免疫システムが腸内にあるのです。


善玉菌には、その免疫細胞を活性化する働きがあります。善玉菌を増やすことで免疫力が上がり、風邪をひきにくくなったり、花粉症の症状が緩和したりすることがわかっています。


そして腸のぜんどう運動をうながすのも、善玉菌の役割です。ぜんどう運動とは、便が腸内を移動するための働きですが、善玉菌がそれをうながすことで便の排泄がスムーズにおこなわれ、便秘解消につながることが期待できます。


善玉菌を増やして腸内環境を改善することで、これらのメリットが得られることになりますので、生活習慣や食べ物に気をつかうことは非常に大事なのです。


善玉菌を増やす方法


腸内環境を改善する方法4つ」でも説明しましたが、善玉菌を増やす方法としては「サプリで善玉菌を摂る」「食べ物で善玉菌を摂る」「断食をする」「生活習慣を整える」などがあります。


大事なのは、どれかひとつではなく複数を生活に取りいれるということです。


善玉菌を含むヨーグルト、ぬか漬け、味噌汁、納豆、キムチなどを食べるようにする。食事や睡眠の時間を一定にして、運動も毎日おこなって生活習慣を整える。1か月に 1回くらいの断食をおこなう。場合によっては、サプリの摂取も検討する。


こういったことを、どれかひとつではなく、なるべく 2つは取りいれるようにしましょう。


オススメなのは、食生活と生活習慣の改善です。これらは日常生活とは切り離せないものであり、だからこそ非常に重要なものです。


たとえサプリを摂っても、食生活が良くないと効果は出ないどころかマイナスになる可能性がありますし、生活習慣が乱れていると、長い目で見たときに不健康の大きな要因になります。


腸内環境を改善することは、便秘解消や健康増進といった目的のための、手段だと思います。それらの目的を達成するために、なるべく効果的な方法を生活に取りいれることが大事なのではないでしょうか。