腸内環境とおならのこと

腸内環境とおならの臭い


腸内環境は、おならの臭いとも関係があります。腸内環境が乱れると、おならが臭くなります。おならはもともと臭いものと考えられていますが、じつはそのほとんどの成分は空気であり、無臭です。


しかし腸内で発生する有毒なガスによって、わたしたちがいつも嗅いでいるような臭いが発生してしまうのです。ここでは、腸内環境とおならの臭いについて詳しく説明します。


おならの臭いの原因


おならの成分は約70%が口から入った空気、20%が血液から腸内に出たガスとされています。そして、残りが臭いのもとになる、腸内の腐敗物質(有害物質)です。


おならが臭いのは、腸内で悪玉菌が発生させる有害物質が臭いからです。悪玉菌はタンパク質を分解して、アンモニア・インドール・スカトール・硫化水素などの有害物質をつくります。


それらの有害物質がほかのガスと一緒に排出されたものがおならの正体であり、有害物質が臭いの原因なのです。


腸内環境の悪化でおならが臭くなる


悪玉菌が多くなると、悪玉菌が発生させる有害物質も増えるので、おならも臭くなります。そのため、おならを臭くさせないためには腸内環境を整える必要があります。


善玉菌が減って悪玉菌が増えると、胃や小腸で消化しきれなかったタンパク質が悪玉菌によって分解されてできる有害物質も増えます。有害物質はおならとして排出されますが、それ以外にもカラダに悪影響を及ぼします。


有害物質は、腸壁から吸収されて肝臓へ送られます。肝臓では栄養と一緒に有害物質の分別もおこなっており、ふつうは有害物質は腸に戻されて体外へと排出されます。


しかし腸内環境が悪くなり有害物質の発生が増えると、肝臓で処理しきれなくなり、きちんと分別されずに全身へ送られてしまうことがあります。それによって、口臭や体臭、肌荒れなどが引き起こされます。


おならの臭いのもとである有害物質を発生させないためには、タンパク質の摂取を控えること、つまり肉類の摂取を控えることが大事です。タンパク質を消化・吸収される量しか摂らなければ、悪玉菌が腐敗させることもないからです。


もうひとつ重要なのが、悪玉菌を減らすことです。タンパク質の過剰摂取もいけませんが、それを腐敗させる悪玉菌の数自体も増えないように、腸内環境を改善する必要があるのです。


悪玉菌が増える原因として考えられるのは「食生活の乱れ」「生活習慣の乱れ」「ストレスの増加」「加齢」などです。


加齢は誰にでも起こることですが、食生活や生活習慣は、意識することで改善することができます。ストレスも同じで、まったくストレスを感じないようにすることはできませんが、ある程度うまく付き合っていくことはできます。


食生活についてはに繰りの摂取を控え、善玉菌の栄養であるオリゴ糖の摂取、有害物質や悪玉菌を吸着して排出してくれる食物繊維の摂取などを意識して多めにしていくことがポイントです。


生活習慣については、食事や睡眠を決まった時間にとること、睡眠時間を 7時間程度はとること、軽めの運動を毎日おこなうことなどが基本であり、改善の要点になります。


ストレスは軽めの運動、深呼吸、自分へのご褒美などで緩和することができます。ストレスは目に見えないものなので対処が難しいですが、自分が楽しいと思うことやリラックスできることを積極的に取りいれていくことが大事です。


ガス腹を解消する方法


おならが臭い場合やポッコリお腹が気になる場合、いわゆる「ガス腹」になってしまっている可能性があります。


食べるときに入る空気や、悪玉菌が発生させる有害物質などのガスがたまって、お腹が膨らんだ状態になっているのです。ガス腹の原因は「早食い」「肉類の過剰摂取」「便秘」などであることが多いので、それぞれ対策することが大事です。


早食いについては、ひと口ごとに箸を置いたり、噛む回数を意識して多めにすることなどで対処しましょう。早く食べると、それだけ空気を取りこんでしまい、ガス腹やおならの回数が増えることにつながるので注意が必要です。


肉類が好きという場合は難しいですが、なるべく野菜などの食物繊維も一緒に摂るようにしたり、肉類を食べる日を週2回と決めたりするなどして、なるべく有害なガスが発生しないように心がけましょう。


便秘に関しては、善玉菌を増やすプロバイオティクス食品やプレバイオティクス食品を食べたり、善玉菌の栄養になるオリゴ糖や食物繊維を摂ったりして、腸内環境の改善につとめることで解消できるようにがんばりましょう。


これらのほかに「呑気症」の改善も必要かもしれません。呑気症というのは、ツバを飲みこむ回数が多いために、ツバを飲みこむときに一緒に取りこんでしまう空気が増えて、おならも増えてしまうという症状です。


呑気症の改善のためには、強く歯を食いしばらないこと、無意識にやってしまう歯を食いしばるという行為を減らすために、意識的に上の歯と下の歯を離すようにすることなどが大切です。


ガス腹や、それにともなうおならが止まらないといった状態を改善するには、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすという、腸内環境を整える方法がいちばん大事です。