腸内環境と免疫のこと

腸内環境と免疫の関係


腸内環境と免疫機能には深い関係があります。免疫というのは、カラダが自己と非自己、つまり自分たちの細胞と外の物質とを明確に区別して、外からきた物質を排除しようという機能です。


この免疫によって、わたしたちは病原菌やウイルスの体内への侵入、がん細胞の増殖などを防いでいるわけですが、ときには過剰反応によって食品アレルギーを発症することもあります。


これらの免疫のうち、腸内細菌と腸内にある免疫システムのあいだには深い関係があるとされています。ここでは、腸内環境と免疫の関係について詳しく説明します。


腸管免疫とは


腸内には「腸管免疫」という免疫系があります。この免疫系は人体の多くの免疫細胞を有しており、その割合は 50%以上とも約70%とも言われており、いちばん巨大な免疫システムとなっています。


腸管免疫は口内の唾液にも関係しています。腸内の免疫系でつくられた免疫細胞がカラダの中を通って唾液にまざり、消化酵素などと一緒に口の中にはいってくるものを殺菌するのです。


そしてもちろん、腸内に侵入してきた病原菌やウイルスに対しても効力を発揮します。腸管免疫は、体内でつくられる 5つの抗体のうちの 1つをつくることが知られており、その抗体が、侵入者を分解してしまう働きをもっています。


腸内細菌が免疫力を上げる


最近の研究によって、腸内細菌が腸管免疫と関係していることがわかってきました。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、腸内の免疫細胞を活性化するというのです。


とくにビフィズス菌と、ラクトバチルス属の乳酸菌についてのことですが、これらの善玉菌の成分が腸内の免疫細胞と結びついて、免疫機能を高めます。


カラダの中に細菌などの微生物をまったく持たない無菌マウスをつかった実験では、通常の菌をもったマウスのほうが免疫機能が高いことがわかっています。腸内細菌がいることが、免疫機能を高めているという証拠です。


ほかにも、人での試験による具体的な研究結果が出ています。たとえば R-1乳酸菌を継続的に摂取することでナチュラル・キラー細胞が活性化して、風邪をひくリスクが低下することがわかっています。


参考 : 1073R-1乳酸菌試験結果(1) | 明治ヨーグルトライブラリー


アレルギーとの関係


腸内環境を整えて腸内細菌のバランスを良くすることで、アレルギーの症状を抑えられるという研究結果もあります。


免疫系にはナチュラル・キラー細胞(NK細胞)のほかに、B細胞や T細胞というものもあります。このうち T細胞には2種類あり、そのバランスが崩れると免疫が過剰反応して、アレルギーを起こします。


ビフィズス菌やラクトバチルス属の乳酸菌は、2つのT細胞のバランスを、過剰反応しない方向、つまり抑制する方向に導くため、それらの摂取によってアレルギー反応が出にくくなるということがわかっています。


また乳酸菌のひとつ、フェカリス菌を継続的に摂取することで、鼻づまりや目のかゆみなどの花粉症の症状が改善されることもわかっています。


参考 : フェカリス菌の働き


肌荒れやニキビとの関係


免疫機能とは直接関係のない話ですが、腸内環境は肌荒れなどとも関係があります。


腸内環境が乱れて悪玉菌が増えると、悪玉菌がタンパク質を分解することによってつくられる腐敗物質が、腸内に増えることになります。


腐敗物質は腸壁から吸収されて肝臓に送られますが、その量が多くなると肝臓がきちんと分別できなくなり、血流に乗って有害物質がカラダのいろいろな器官に送られることになります。


有害物質が肺に運ばれれば口臭の原因となり、皮膚表面に送られれば体臭になります。また皮膚表面では炎症反応も起こす要因になり、肌荒れの原因になる可能性もあるとされています。


腸内環境が乱れると栄養の吸収も悪くなります。肝臓は必要な栄養を重要な器官に送ることを最優先するため、処理が大変になるとほかの器官への栄養供給がままならなくなり、代謝などに影響を及ぼす可能性もあるのではないかという話もあります。


皮膚の再生力などに影響が出れば、肌荒れを起こしやすくなったり、ニキビが治りにくくなったりということも起きるかもしれないのです。


腸内細菌を良いバランスに保つこと、つまり腸内環境を整えることは、免疫や肌荒れなどにも良い影響をあたえるのです。